ウェディング

最近は和婚も人気が出てきている|神社で結婚式をする

格安料金で結婚式を挙げる

結婚式

低予算だけど納得の結婚式を挙げたいなら格安結婚式が良く、全国展開しており幅広い年代が利用しています。今後期待されるのは画面を通して参加できるサービスであり、差別化により魅力的なサービス展開が可能です。

More...

伝統を受け継ぐ

神前式

和婚を行う場合、挙式は神社で行い、披露宴は神社内の会場もしくはレストランやホテルを利用するという人も多いと思います。神社内の会場はレストランやホテルに比べ広さが制限されるため、ゲストが多い場合は注意が必要です。また、挙式から披露宴会場に移動が必要な場合、移動までの手段や距離、移動を考えた開宴時間を設定するようにしましょう。特に、身体的に移動が困難なゲストがいる場合は、そのゲストへの配慮も必要となってきます。どのような移動がベストか、事前に確認しておくとゲストも新郎新婦も安心して当日を迎えることができます。結婚式は新たな人生をスタートさせる良き日ですので、主役を含めた出席者全員が楽しい時間を過ごせるように考えていきましょう。

神社で行う結婚式や和をテーマにした結婚式のことを「和婚」といい、近年は和婚の希望者が増えています。それは日本人が生まれたときに行うお宮参りや七五三、お正月の初詣など神社との関わりが深いことにあります。神社は1歩足を踏み入れると、それまでの空間とは世界が変わり、神聖で厳かな印象を与えます。そのような神聖で縁のある地で、結婚式を行いたいというカップルが増えているのです。また、チャペル式と違い神前式には家族のみ参列することができ、より家族の大切さや家族とのつながりを強調することができます。今でこそ、洋風の結婚式が一般的となっていますが、その昔は神社での結婚式が一般的であり、花嫁は白無垢が定番でした。和婚は代々受け継がれてきた伝統を受け継ぎたい、両親に馴染みのある白無垢姿を見せたいという思いも詰まっています。

マナーやルール

電報

結婚式で電報を使うというのであれば、とにかくマナーやルールを覚えておくことが大切なので、事前に調べおきましょう。それからぬいぐるみや人形、その他にも電報の種類があるため、相手の好みに合わせておくと良いです。

More...

決めることはいろいろ

お知らせ

結婚式をするにあたって、決めなければいけないことはたくさんあります。招待状を送るときも、デザインやメッセージなど決めることが多々あります。大変に感じるかもしれないですが、きちんと決めることで素敵な結婚式になるでしょう。

More...